法人理念

 阿南学園では利用者の自立と社会活動への参加を支えるために、利用者の個性と自立性を尊重しています。一人ひとりのペースに合わせた日常生活を通じ、地域の中で障害のない人と同じように生活する事を目指しています。そのために、健康的な日常生活、利用者の基本的人権、地域との交流、家族とのふれあいを大切にしています。

法人沿革

昭和32年10月17日 飯田市、下伊那郡全町村により一部事務組合「阿南学園組合」設立

昭和33年5月1日 精神薄弱児施設「阿南学園」開設 定員50名

 

昭和37年5月1日 20名増員 定員70名

昭和53年 4月1日現在地に移転、新築 児童40名成人30名の併設

昭和57年4月1日 児童施設を閉鎖 知的障害者更生施設 定員70名

平成元年4月1日 重度棟創設 20名増員 定員90名

平成6年4月1日「阿南学園組合」解散 一部事務組合複合により「飯伊広域行政組合」発足

平成9年10月1日地域生活援助事業(グループホーム)「友愛の家」開設

平成10年4月1日「飯伊広域行政組合」から「南信州広域連合」へ移行

平成15年10月1日地域生活援助事業(グループホーム)「北の家」開設

平成23年3月8日社会福祉法人ひだまりの郷あなん 設立

平成23年4月1日 社会福祉法人ひだまりの郷あなんによる運営

平成23年8月1日障害者支援施設「阿南学園」生活介護、施設入所支援 定員80名 ケアホームビュー柳沢開設

 

平成24年4月1日 就労継続支援B型 阿南町就労支援センターの運営

カウンター